HOME次お墓を建てる前に次お墓にまつわるQ&A

お墓にまつわるQ&A

現在お墓はありませんが、どんなことに気をつけてお墓を建てたらよいのでしょうか?

以下が重要な事前確認事項です。

  • 1.自宅からの所要時間
  • 2.故人の誰と誰をお墓に入れるのか
  • 3.建てた人の後は誰がそのお墓を継ぐのか
  • 4.予算はどれくらい当てるのか
  • 5.自分の家の宗旨と宗派

墓地や霊園を選ぶ時のチェックポイントは何ですか?

霊園には必ず自分で足を運んでください。そのときにチェックするポイントは、

  • 1.管理が十分行き届いているか
  • 2.給水、休憩所、ベンチ、通路、トイレ、売店、駐車場などの有無はどうか
  • 3.土砂崩れはないか、あまり傾斜地になりすぎていないか
  • 4.墓地のそばに大きな木がないか。大きな木があると落ち葉や湿気が多く、木の根でお墓の基礎に影響が出ることがあります。
  • 5.水はけはよいか
  • 6.日当りは良いか
  • 7.緑は多いか
  • 8.全体の雰囲気は霊場にふさわしいか
  • 9.交通の便は良いか
  • 10.墓地の広さは充分か
  • 11.墓地や霊園の規則に問題はないか

などです。

お墓を建てるのに、どのくらい費用がかかるのでしょうか?

お墓を求める場合の費用は、墓地にかかる費用と墓石にかかる費用とがあります。墓石の価格は、

  • 1.墓石の大きさ
  • 2.墓石の形
  • 3.使う石の種類
  • 4.基礎工事

によって違います。また墓石以外の

  • 5.外柵

にも意外と費用がかかります。その他に付属品として、

  • 6.灯籠、物置台、墓誌

など欠かせないものがあります。

  • 7.植木

もお墓の環境づくりに大切ですが、これにも植栽の費用がかかります。このようにお墓の設計によって費用は大きく変わります。
また、墓地についても立地によって価格が違っていますので一概に言えません。

お墓には決まった形がありますか?

これでないといけないという決まった形はありません。ただ伝統的なお墓の形には1.「和型」、また最近ふえた2.「洋型」があります。
「和型」は最もポピュラーで、形状は、角形の竿石、上台、中台、芝台が積み上げられています。また「洋型」は外国のお墓をお手本にした横型のものです。
横に広くて奥行きが薄く、全面上部に傾斜のついたものをオルガン型といったりします。芝墓地などで最近多く見られます。
お墓は、自然に故人をしのび手を合わせることのできるものであれば、あまり形にこだわる必要はないと思います。

墓石には、どんな石がよいのでしょうか?

お墓は何代にもわたってお祀りするものですから、風化しにくい硬い石を使うことが大切です。それには「花崗岩」(みかげ石)が最も適していて、現在の墓石のほとんどは花崗岩が使われています。国産のものは少なくなり、大半が輸入となっています。韓国、インド、中国、アフリカなど二十数か国から輸入されています。
墓石の良し悪しの判断は専門家でないと難しいものです。信用できる石材店選びが大切になります。

好きな言葉を刻んだ墓石をよく見かけます。決まりはないのですか?

決まりはありませんが、仏式の場合、墓石は仏様として拝み、供養される対象ですから、本来ならその正面には題目や念仏、仏教の言葉を刻むものとされてきました。
しかし、それも時代とともに変化し、最近では「夢」や「心」など、家名にこだわらない言葉や文字を刻んだ墓碑をよく見かけるようになりました。
お寺の墓地の場合は、あらかじめ菩提寺の僧侶に相談してみるといいでしょう。

両親のお墓を継ぐ長男夫婦が亡くなり、子供もいません。後は結婚した私がお墓を継ぐことになりましたが、どうしたらよいのでしょうか?

以前は姓が違うとお墓の承継ができないケースがありましたが、最近は公営でも民営霊園でも血縁関係が証明できれば姓が違っても承継はできるのが一般的です。
霊園の管理事務所に関係を証明する書類を提出し、承継者である手続きを行なってください。

自分のお墓を生前に建ててしまってもいいのでしょうか?

もちろん構いません。墓地では時折、刻まれた名前が朱色に塗られたお墓が見かけられますが、これはお墓を建てた人が存命中であることを示していて、このような建墓の仕方を「寿陵」といいます。
「寿」は長命、長寿を表し、寿陵は長寿を祈願するお墓という観念があり、おめでたいものとされています。また生前にお墓を建てることは「一度死んで新たに生まれ変わる」ことを意味しているため、寿命が延びると言い習わされてもいます。こういった背景から、最近は墓地を購入する人の6~7割が寿陵となっているようです。

今度新しくお墓を建て替えることになりましたが古くなったお墓の処分方法を教えてください。

長い間ご先祖さまをお祀りしてきた大切なお墓ですから、菩提寺のお坊さんに頼んで「魂抜き」の法要を忘れずに営んでください。
法要を済ませたら、魂をぬいた墓石は石材店に相談し、処分してもらいます。

郷里のお墓は墓参が大変なので、住まいの近くにお墓を建てて、遺骨を分けて納めることはできますか?

遺骨の一部のみを別のお墓に移すことを分骨といい、そのお墓の使用者から同意が得られれば問題なく行えます。手続きも簡単で、必要な書類はお墓のある墓地の管理者が発行する「分骨証明書」だけです。これを新しくお墓を建てた墓地の管理者に、分けた遺骨とともに提出します。このとき、改葬のように市区町村長の許可を受ける必要はありません。
ここで注意したいのは、分骨の際の儀式や以降行われる法事・法要の形式です。寺院墓地の場合は特にそうですが、それぞれの寺院の宗旨・宗派にのっとって行われることになります。

自分の庭にお墓を建てることはできますか?

法律違反となります。自分の家の庭や所有地に勝手にお墓を建てて、遺骨を埋葬することはできません。ただし記念碑的な、遺骨を埋葬しないものでしたら構いません。

「埋葬許可書」や「火葬許可書」はどこで発行してくれるのですか?

埋葬する時に必要な「埋葬(火葬)許可書」は市町村役場に申請して発行してもらいます。
この時「申請書」に

  • 1.死亡者の本籍、住所、氏名(死産の場合は父母の本籍、住所、氏名)
  • 2.死亡者の性別(死産の場合は死児の性別)
  • 3.死亡者の出生年月日(死産の場合は妊娠月数)
  • 4.死因(法定伝染病、その他の別)
  • 5.死亡年月日(死産の場合は分娩年月日)
  • 6.死亡場所(死産の場合は分娩場所)
  • 7.埋葬または、火葬場所
  • 8.申請者の住所、氏名及び死亡者との続柄

を記入して、市区町村長から「埋葬(火葬)許可書」を発行してもらいます。